尾道ラーメンの特徴はそのままに『牡蠣だし醤油』を使って、尾道ラーメンに濃厚な旨みをプラス。尾道ラーメンの小魚ダシと、牡蠣の深い味わいが良く合います。『牡蠣だし醤油』は、牡蠣を煮出して昆布やしいたけの出汁をブレンドしたこだわりのダシ醤油です。
商 品 名  牡蠣だし醤油 尾道ラーメン
価  格  1,150 円(税込)
内 容 量  4食
 ※具材は入っておりません
品  番  0944
発送形態  常温便
賞味期限  冷暗所50日
数  量
  個  
  寺岡家の牡蠣だし醤油
広島県産牡蠣・かつお節・北海道産日高昆布のうまみをブレンドしたこだわりのだし醤油です。

長年にわたり大切に守り続けてきた醸造蔵には、天井、壁、床、桶など、いたるところに良質の醸造菌がすみつき、息づいています。この菌たちと、四季の温度のはたらきかけで、ゆっくりじっくりと発酵熟成を経て、寺岡家の蔵出し醤油は育まれます。伝統の技と情熱を惜しみなく注ぎ、手間ひまかけてこそ出来上がる、別格のまろやかさとうま味をもった醤油、これこそが寺岡家の本物の醤油なのです。

寺岡家とは、創業明治二十年 寺岡有機醸造株式会社です。有機JAS認定の有機醸造にこだわった有機醤油、丸大豆醤油、濃口醤油、薄口醤油、牡蠣だし醤油、減塩醤油を製造、販売をしております。たまごかけごはん専用の醤油やポン酢、ドレッシングも大好評です。
  自家製 熟成平打ち生麺

阿藻珍味では原料の厳選から製麺まで、すべて自社の工場で行っています。
原料となる小麦は特等粉といわれる最上級のものを使用。
室温約30度、湿度50%という年中不変の環境で、じっくりと丁寧に熟成させました。
形状は、打って試してという行程を何度も繰り返し、試行錯誤の末に辿り着いた平打ち・細麺タイプ。

素材、環境、形状。

すべてを極めることで作りあげた、ツルッとした口当たりのなめらかさと、シコシコと弾力の富んだ麺です。
  広島牡蠣の特徴
広島県のかき生産量は全国1位です。

一般的には、殻は小さいけれど身は殻のわりには大きくぷっくりとしていて濃厚な味わいとされています。

広島かきの人気の秘密はその美味しさはもちろん、確かな安全性にもあります。

広島県産のかきは県が独自に条例を定めるなど、食品衛生上の安全対策には特に力をいれています。
  美味しい食べ方
   
【手順1】
水1.8Lを鍋に入れ沸騰してから麺をほぐしながら入れます。
約1分10秒~20秒茹でてください。
【手順2】
同時に別の鍋に水(1食分300ml)とスープを入れて1度軽く沸騰させて火を止めてください。
これが美味しさのコツです。
【手順3】
丼に【手順2】のスープを先に注ぎ、その中へ【手順1】で茹でた麺の水気をよくきって入れてください。
その後、箸で軽くほぐし、お好みの具材をのせてお召し上がりください。
《茹でる時のコツ》
★お湯は必ずよく沸騰させてください。
★麺はダンゴ状にならないように一本一本はなれるようによくもみほぐしてください。
《スープのコツ》
★スープは開封前に袋のままお湯で20秒ほど温めていただくと、中の脂分が溶けて鍋に入れやすくなります。
《仕上げのコツ》
★どんぶりはアツアツが原則です。
前もって熱湯で保温しておけば簡単です。

  成分表   原材料表示
栄養成分表示1食麺・スープ(168g)当たり
エネルギー 446kcal
たんぱく質   15.3g
脂     質   14.2g
炭水化物    64.2g
食塩相当量   5.3g
【麺】小麦粉、卵白/かんすい、酒精、(原材料の一部に小麦・卵を含む)
【スープ】醤油、豚脂、畜肉エキス(豚、鶏)、醤油加工品、鶏がら、豚骨、かきエキス、酵母エキス、食塩、香辛料、かつお節粉末、ゼラチン、さば節、煮干、昆布/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)